スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quarantine

観たの大分前ですが、思い出しつつ書きます。

Quarantine

★Story★

テレビリポーターのアンジェラは、取材のために消防署へ出向く。
今日はまだ特に大きな事件もないらしく、
消防士たちにインタビューして回ること数時間。
ついに911コールがあり、アンジェラも消防士たちに同行することになる。

やってきたのは一軒のアパート。
具合の悪い老人がいるとの通報だった。
その老人の部屋へ行き、助けようと抱きかかえた瞬間、
老人は消防隊員に襲いかかる。

パニックになるアンジェラらTVクルーと隊員たち。
外に出ようと試みるが、なんとドアや窓全てが封鎖されていた。
彼らはアパートに「Quarantine(隔離)」されてしまったのだ。

傷つき倒れたはずの隊員たちも、生き残った人たちを襲い始める。
アパート内には凶暴化した人々、
外に出れば特殊部隊によって狙撃されるという
絶対絶命の状況の中、アンジェラたちは生き残れるか!?

★Review★

スペインの「Rec」という映画のリメイク。
初めに言っておきますと、結構好きな部類です。
スピード感があるし、ホラー映画にありがちな「前半のダレ」もない。
まぁ消防署のくだりはありますが、許容範囲。
アパートに着いてからは、襲われまくりのパニック状態です。

この映画は、一時期流行った「ドキュメンタリー風味」の撮影方法で、
実は私はこの手法苦手(酔うので)なんですが、
これはプロのカメラマンが撮っている、という設定だからなのか
そんなにブレないし、そこまで苦痛じゃなかった。
あと、手持ちカメラだと、肝心なものが見えないというか、
「あーそこ!見えそうで見えない!」みたいなのが良くあるので
イライラするんですが、この映画は結構見せてたと思います。

まぁツッコむところはあるっちゃーありますが。
例えば、噛まれた人は感染する!って分かったあと、
噛まれちゃった女の人を手錠で繋いでおくことにするんですが、
繋いだ所がアパート唯一の階段の踊り場の手すり
えっ、そこ!?みたいな。
そこ繋いじゃったら通れなくなるんじゃ…?との私の心配は的中し、
しばらくしてから階段を通って別の階に行く必要が生じた際に、
「しまった!踊り場に感染者がいて通れない!」みたいなことに。
だから言ったのに。

この映画が楽しいのは、圧倒的に後半ですね。
生き残った消防隊員が殺戮マシーンと化します。短い間だけど。
ラストは結構衝撃的?な感じで…。






それにしても、予告編観てから本編観たんだけど、
予告編でラストの映像流すのってどうなのよ。
まぁ本編観て初めて分かることだけどさ。


★What I learned from this movie★

感染者を監禁する場合は場所に気をつける。


Zombies of Mass Destruction

小さな田舎町で、テロリストによるゾンビアウトブレイク!

zombies of mass destruction

★Story★

とある田舎町のとある海岸。
浜辺で死体を見つけた老人。しかし死体は突然目を開き…。

イスラム系のフリーダは、やたらイスラムの伝統を押し付けてくる父親にうんざり。
父親の目を盗んで、夜中にデートに出かける。
車内でロマンティックなデート、のはずが、
突然窓を割って入ってきたゾンビに襲われる。

とあるゲイのカップル。今日こそ母親に自分がゲイであることを告げようと、
二人で母親とディナー。その最中、母親が今日道で誰かに噛まれた話をする。
母親はどんどん具合が悪くなって行き…。

フリーダの隣人一家は、異変に気付き地下室に籠城。
オタク気質の息子と母親、それにイスラム系を毛嫌いする父親は、
ゾンビから逃げてきたフリーダを見つける。

かくして、ゾンビと市民の戦いが始まる!

★Review★

ゾンビコメディ(そんなカテゴリーがあるのか知らんが)です。
でもコメディ要素は薄いかも。ところどころセリフとかが笑えた。
最初はバラバラの登場人物たちが、最後に集結するパターンの映画ですが、
フリーダがホラー、ゲイカップルがコメディ担当といった感じ。

ゾンビに襲われつつも、人間同士の確執も少し描いてましたね。
例えばフリーダVSイスラム嫌いの隣人。
フリーダをテロリストの一味だと思い込み、拷問したりします。
そしてゲイカップルVS教会の神父と市長。
二人が逃げ込んだ教会にいた神父はゲイ反対派で、
ゲイカップルを「治療」しようとするんですが
その「治療」というのが、ゲイポルノを見せること。
といっても、なんか裸レスリングみたいな映像で笑えた。
こんなの見させられてもねぇ。

このゲイカップルがいちいち面白かった。
特に「I am with him→ (俺はこいつ→と付き合ってます)」
と書かれたTシャツを着てた方。
まぁこのTシャツのせいで、神父にゲイだとバレたんですが。
この映画はこいつらがいなかったら、
すんげーつまんなかったんじゃないかと思うほど。

なんか話がずれましたが、肝心のゾンビね。
何だかチープな感じで、しかも遅いタイプのゾンビなもんで
登場人物たちは結構簡単にスルーしてましたが(笑)
まぁたぶん狙ってやったんでしょうから、
そこは無視して楽しめばいいんじゃないかと。
血の量が半端ないんで思わず笑えるくらいでした。もう噴水かってくらい。
目とか何の衝撃もないのにポンポン飛び出るし、腕とか簡単に取れちゃう。

ま、お約束ってことで。

★What I learned from this movie★

Tシャツに書かれた英語には注意。

Flight of the Living Dead: Outbreak on the Plane

最初のレビューがこれってのもどうかと思いますが…

タイトル読んでの通り、「ゾンビが飛行機で暴れる」映画です。

Flight of the Living Dead

★Story★

パリ行きの飛行機の貨物室に、見るからに怪しげな箱。
横には、対ウイルス用のスーツで完全防備した護衛が座っている。
どうやらバイオ兵器が入っているらしいのだが、
それを知っているのは数人の科学者のみ。
飛行機は乱気流に入り、その衝撃で箱が開いた!
中から出てきたゾンビ第一号。
護衛を殺し(スーツ意味なし)、感染を広げていく。
ゾンビだらけの機内で、生き延びられるか!?

★Review★

タイトルだけでワクワクし、思わず観てしまった。
ゾンビ物に限らず、ホラー物って、閉鎖空間だと緊張度が増して面白い。
飛行機内なんて、逃げる所もほとんどないし、最高だよね。

…というわけで、結構期待して観始める。
最初がダルかった。2カップルのダブル浮気とか、どーでも良かった気がする。
それがストーリーに絡んでくるなら、いいんだけどね。
例えば、ダブル浮気が発覚して、片方がゾンビになって、
こりゃ好都合と復讐の一撃!とか。
でも全く絡んでこなかったので、肩すかし。

映画半分くらいで、やっとゾンビ感染が本格化し始めるので、
やっとか!という感じ。遅いよ。
そこからは、噛むわ撃つわ殺すわで、楽しくなってきた(笑)
この飛行機は一体何で出来てるんだ?というほど、
上から下から壁からゾンビがブチ破って入ってきます。
トイレでは鏡ブチ破って入ってきましたよ。
飛行機内のトイレの鏡の向こうって、空洞なの!?

まぁ他にも、機内で銃をぶっ放しまくり、爆発まで起こしたりして
飛行機がまだ飛んでるのが信じられないくらいですが
そういう細部をスルー出来れば、楽しめる映画かと。

★What I learned from this movie★

飛行機は意外と丈夫。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。