スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flight of the Living Dead: Outbreak on the Plane

最初のレビューがこれってのもどうかと思いますが…

タイトル読んでの通り、「ゾンビが飛行機で暴れる」映画です。

Flight of the Living Dead

★Story★

パリ行きの飛行機の貨物室に、見るからに怪しげな箱。
横には、対ウイルス用のスーツで完全防備した護衛が座っている。
どうやらバイオ兵器が入っているらしいのだが、
それを知っているのは数人の科学者のみ。
飛行機は乱気流に入り、その衝撃で箱が開いた!
中から出てきたゾンビ第一号。
護衛を殺し(スーツ意味なし)、感染を広げていく。
ゾンビだらけの機内で、生き延びられるか!?

★Review★

タイトルだけでワクワクし、思わず観てしまった。
ゾンビ物に限らず、ホラー物って、閉鎖空間だと緊張度が増して面白い。
飛行機内なんて、逃げる所もほとんどないし、最高だよね。

…というわけで、結構期待して観始める。
最初がダルかった。2カップルのダブル浮気とか、どーでも良かった気がする。
それがストーリーに絡んでくるなら、いいんだけどね。
例えば、ダブル浮気が発覚して、片方がゾンビになって、
こりゃ好都合と復讐の一撃!とか。
でも全く絡んでこなかったので、肩すかし。

映画半分くらいで、やっとゾンビ感染が本格化し始めるので、
やっとか!という感じ。遅いよ。
そこからは、噛むわ撃つわ殺すわで、楽しくなってきた(笑)
この飛行機は一体何で出来てるんだ?というほど、
上から下から壁からゾンビがブチ破って入ってきます。
トイレでは鏡ブチ破って入ってきましたよ。
飛行機内のトイレの鏡の向こうって、空洞なの!?

まぁ他にも、機内で銃をぶっ放しまくり、爆発まで起こしたりして
飛行機がまだ飛んでるのが信じられないくらいですが
そういう細部をスルー出来れば、楽しめる映画かと。

★What I learned from this movie★

飛行機は意外と丈夫。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。