スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dawn of the Dead

元祖『ゾンビ』のリメイク版。

Dawn of the Dead


★Story★

看護師のアナは、ある日勤務から戻り、いつものように眠りにつく。
次の朝目覚めると、寝室に近所の子どもヴィヴィアンが立っていた。
ひどい怪我を負っている彼女に、アナの夫が駆け寄ると、
急にヴィヴィアンが彼の喉元を食い千切る。
あまりのことにパニックになるアナ。
電話で助けを呼ぼうにも、電話は混線状態で繋がらない。
そのうち死んだはずの夫も起き上がり、アナに襲いかかる。

命からがら逃げ出したアナが目にしたものは、
人が人を襲うという混沌の世界であった。
とりあえず車に乗り込み、途中で出会った生存者たちと
ショッピングモールを目指すことに。

そこでアナは知る。
人間を凶暴化させるウイルスが蔓延していること、
噛まれたり引っかかれたりするだけで感染してしまうこと。
助けが来る見込みは無いこと…。

それでも何とか生き延びようとする、アナと生存者たち。
果たして、彼らに安息の地はあるのか?

★Review★

ゾンビ映画というジャンルを確立した、ジョージ・A・ロメロの
『ゾンビ』のリメイクということですが、
なぜオリジナル版のレビューの前にこっちが先なのかと言いますと、
観たのが前すぎて細部まで覚えてないからです(汗)
もう一回借りてきて観ないとかな。

で、こっちのリメイク版ですが、たぶんゾンビ映画好きの中では
好き嫌い分かれると思われます。


なんせゾンビが走る!走る!


死ぬ前より体力が増すって何だか腑に落ちませんが、
私は嫌いじゃないっす。
だって普通に考えて、怖いじゃん。
ゆっくりなゾンビだって怖いのに、全力疾走ですからね。
走るのに自信がない私は即座に捕まること必至です。

ゾンビが走るなんて邪道!という声も聞くし、
腐っていくから走れるわけがない!という意見もちらほら。
それも分かる気がするけど、
そもそも「死人が人を襲う」っていう設定自体あり得ないんだから、
別にそこにリアリティ求めなくてもいいんじゃ?
個人的には、緊張感ハンパ無くていいと思う。
もちろん、『バイオハザード』シリーズみたいに
歩くやつも好きだけどね。

この映画は、ショッピングモールについてからが面白い。
というか、そこが大半だけど(^^;)
ゾンビ映画=ショッピングモールっていうイメージは
この映画のせいでしょう。
私も、こういう状況になったらモールに行くと思う。
食べ物はあるし、着替えも、武器になりそうなものもあるし。
Costcoとか良さそう。

アメリカだったら銃なんかも簡単に手に入るけど、
日本でゾンビが大量発生したら、絶対戦えないな。
私の所有物で一番武器になりそうなのは、野球のバットくらいか。
勝てそうな気がしない…。



まぁそれはいいとして、映画の話。
こういう「世界の終末系」映画って、残された人の葛藤とか、
どういう行動をとるかっていうのが興味深い。
緊急事態になったときに、人間本性が出るっていうか。
戦う人、諦める人、リーダーになる人、パニックになる人、
独裁政治を始める人、自分だけ助かろうという人…
自分だったら?と考えるけど、結局答えは出ない。

そりゃ映画の主人公みたいに、皆を助けて戦いたいっていう
ヒーロー願望はあるけど、正直自信ない。
だって命の危険に脅かされたことなんてないから。
もしかしたら、ものすごい腰抜けになるかもしれないし、
なんとかして自分だけ助かろうとしちゃうかも。
いやでも、家族や友達を見捨てるようなヤツにはなりたくないし…。




とまぁそんなことを考えて、ゾンビ映画を観たり、
ゾンビゲームをやったりして、こういう事態に備えているわけです。
とりあえずゾンビが発生したらまず安全確保、次に食糧、武器、だな。
皆さんも一番近い大型スーパーや、隠れ家となりそうな場所を
チェックしておいたほうがいいかも。

★What I learned from this movie★

逃げ込むならショッピングモール。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。