スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paranormal Activity

恥ずかしがり屋でイタズラっ子な悪魔が、がんばっちゃいます。

PARANORMAL-ACTIVITY-2D_convert_20120312002524.jpg


★Story★

同棲カップル、ケイティとミカは、最近変な現象に悩まされていた。
物が勝手に動いたり、人の気配を感じたり…。
不思議に思った2人は、寝室にビデオカメラを設置することに。
そこには衝撃の映像が…!

★Review★

「一人で観てはいけません!」「途中退出者続出!」「最恐ホラー!」
と、ものすごい煽り文句に惹かれて鑑賞。
ご丁寧に忠告してくれてたのに、夜中に一人で観ました(笑)



怖いか?と聞かれると、う~~~ん…。

確かに、数回ビクッとなったことは認めます。
実際こんなことあったらビビって次の日には家出てると思う。
でもなんか、この監督、ホラーを履き違えてる気がするんだよね。
大きい音出せばそりゃ驚くけども、それって怖いのか?
そりゃただのドッキリでしかないのでは?

しかもこの映画の60%はカップルの日常生活ホームビデオ、
30%は、恥ずかしがり屋の悪魔さんによる
地っ味~~~~~な嫌がらせのオンパレード。
残りの10%はカップルが寝てるとこを暗視カメラで映してるのみ。
加えて、前半は全く何も起こらないと言っても過言ではない。
最後20分だけ見ればいいんじゃないでしょうか。マジで。

あと、彼氏のミカがとてもイライラする。
最初は全くケイティの言うことを信じず、数々の地味な嫌がらせにも
驚異的なスルー能力を見せる彼。
最後の最後まで家を出て行こうとしないので、
お前が悪魔に憑かれてるんじゃないのか?と言いたくなった。

アイデアは面白いけど、観てる時間がもったいないと思ってしまった。




細かいようだけど、あんだけの目にあってて、
なぜドアを開けたままで寝るのか?
閉めたからって対抗できるわけじゃないだろうけど、
普通心理的に閉めたくならない?

ま、そんなこと言ってたら映画にならないけどね。

★What I learned from this movie★

映画宣伝の煽り文句のすごさと、映画の面白さは反比例する。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。