スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zombieland

ここからは、すっごい前に観たのを思い出しながら
書いていこうと思います。

てわけで、何にしよっかなーと思って頭に浮かんだのがこれ。
定番?ゾンビコメディ『ゾンビランド』。

Zombieland


★Story★

謎のウイルスにより人々がゾンビと化し、瞬く間に崩壊した世界。
ひきこもりのコロンバス青年は、自分流の「32のルール」に従って
なんとか生き延びてきた。

ある日、ゾンビ退治とTwinkies(お菓子)探しに執念を燃やす
タラハシーと出会い、彼の車に同乗する。
旅の最中に詐欺師の姉妹ウィチタとリトルロックも合流し、
ゾンビのいない天国と言われている地を目指すのだが…。

★Review★

ストーリーなんてあってないようなもんだけど。
この映画はキャラ勝ちな気がする。

主人公のオタク青年を演じるのは「ソーシャル・ネットワーク」で
有名になる前のジェシー・アイゼンバーグ。
彼の「生き延びるための32のルール」はゾンビ好きには
うなずけるものばかり。
「ゾンビを倒したら、もう一回立ち上がって襲ってくるので
必ず2回撃つこと」をDouble Tapと呼んでました。
ちょっと訳あって英語で観たので、
日本語訳がどうなってたのか分かりませんが。
ホラー映画観る人なら分かるはず。
倒したと思って近づくと、必ずもう一回来るアレです。
これ、同時期に観た同僚とハマって、仕事で何かを2回確認することを
「Double Tap」としばらく呼んでました。

ゾンビキラーの男を演じるのがウッディ・ハレルソン。
彼がこの映画の面白いところを一気に引きうけた感あり。
彼が映画全編を通して探し求めるのが、Twinkiesというアメリカのお菓子。

これです→twinkies


スポンジの中にクリームが入っている、シンプルなお菓子です。
味はとにかく甘い。おいしいけど。
タラハシーはTwinkiesを追い求めて旅してるんです。
Twinkiesが彼の生きる力なんです。
ロマンがありますね。
映画中にこんなにTwinkiesが食べたくなったのは初めてです。
Hostess(Twinkiesを作ってる会社)は、
この映画に宣伝費を払っても良いくらいなんじゃないでしょうか。





あ、それとゲスト出演でビル・マーレイが出てます。
ゲスト出演というには、おいしい役すぎたけど。しかも本人役。
詐欺師姉妹もカワイイし、セリフも面白いし、
でもしっかりグロさもありで、結構楽しめました。
ラストの遊園地のシーンも楽しかった。

Left 4 Dead 2でも遊園地のステージがあるけど、
なんかゾンビと遊園地ってすごい似合う気がするのは私だけ?
たぶん、すごい夢があって楽しい所だから、
退廃した世界を際立たせるのにちょうどいいのかも。

★What I learned from this movie★

敵を倒す時には躊躇なくDouble Tap。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。