スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

World War Z / ワールド・ウォーZ

ブラピとゾンビの共演。

World War Z


★Story★

元国連職員のジェリーは、ある日家族と共に車で出かけた際、
いつもと様子の違う渋滞に巻き込まれる。
何かがおかしいと思い始めた時、突如暴走した車と、
逃げ惑う人々が道を覆い尽くす。
何が何だか分からぬまま、家族とともに逃げ出したジェリーは、
その際、凶暴化した人間が人間を襲い、
その人間がまた12秒後に凶暴化するのを目撃する。

近くのアパートに逃げ込んだジェリーたちは、
元同僚の国連職員に連絡を取り、ヘリで救助してもらう。
そして避難のために訪れた米軍艦隊の中で、
人間を凶暴化させるウイルスが世界中に蔓延していることを知る。

国連に戻り、調査に参加することを要請されたジェリーは、
家族に安全な避難場所を確保するため、
最初にウイルスの情報を送って来た韓国へと旅立ち、
原因究明と問題解決に奔走するが…。

★Review★

実はこの映画の原作をアメリカの友達からもらって、
ずっと本棚に置きっぱなしにしてたんですよ。

で、しばらくしてから、なんとブラピがゾンビ映画に出る!
と聞き、詳しく調べてみたら、その本が原作とな。
おどろいて読み始めたんですけど、うーんなんだか…。
のめり込めないうちに、映画が始まっちゃったので、
結局原作を読み終えないうちに観てしまった。
我慢できなかったわ。




結論から言うと、
私はゾンビを観てるだけで幸せなので
ある程度楽しめましたが、あまり出来のいい映画ではないですね。
要所要所で、納得のいかない展開が多い。

まず冒頭で、ジェリーと家族が渋滞に巻き込まれて、
ゾンビが出てきて「逃げろー!」となるわけですが、
車が事故に巻き込まれるんですね。
で、徒歩になってヤバい!となったところで、
あーらびっくり、誰も使ってないトレーラーが目の前に!
まぁ運が良かったんでしょうけど、
この状況でトレーラーが誰にも盗まれずに残ってるなんて
ありえないんじゃないかと。

んで、そのあと紆余曲折あってイスラエルへ。
イスラエルは、実はゾンビの存在にいち早く気づき、
密かにゾンビから身を守る壁を作って、その中に住んでるんです。
でも、しかーし。

納得いかないこと①
このネットが発達している現代社会で、
壁を作らなきゃいけないほどゾンビが蔓延してるという事実を
そんなに長く隠せるものなのか?
誰かYouTubeとかTwitterとかで流しそうなもんだけど。

納得いかないこと②
この映画のゾンビは音に惹きつけられるという設定なんですけど、
なんとイスラエルの人たち、壁の内側で大合唱。
結果ゾンビが集まりすぎて、壁の中に入り込んで大惨事!
になるわけなんですが、早くからゾンビの存在を知っていたなら、
ゾンビが音に惹きつけられるってこと、何で知らなかったのか?

納得いかないこと③
そもそも、壁の周りにはヘリが何機も飛び、
戦車やなにやらが行き来していてかなりウルサイと
思うんですが、それにはゾンビは反応しないのか?




その後イスラエルから飛行機で脱出するんですが、
色々あって飛行機墜落。
でも墜落した先が、そもそもジェリーが行こうとしていた
目的地の目と鼻の先!なんて便利!歩いて行けちゃう!

でも怪我してたジェリー、目的地であるWHOの建物の入り口で失神。
助けた職員、念のためジェリーが目が覚めるまで
3日間も拘束。なぜ?
監視してた3日間、ジェリーはゾンビにならなかったわけだから、
別に拘束する必要ないんじゃ??

そして、飛行機で電池切れになったジェリーの携帯が急に復活
この建物に、たまたまジェリーの携帯の充電器があって、
ジェリーが寝てる間に充電しておいてくれたの?
3日間も拘束するほど怪しんでたクセに?



最終的にこの建物内で、ジェリーがゾンビに対抗する糸口を見つけ、
「ここからが戦いの始まりだ。」という
ジャンプの打ち切りみたいな締めで終わります。

ちょっと突っ込みすぎですか?
でも終始こんな感じで、「なぜ?」という展開・行動が多すぎ。
原作とは違う話の進み方っぽいので、
もう一度ちゃんと読んでみたいと思います。
もしかしたら、上記の疑問が解消されるかも。






というわけで、ゾンビ好きなら観ても良いと思いますが、
そうでないなら特にオススメというわけでもないです。
映画として良く出来ているわけでもないし。

☆おまけ☆

つい声に出してつっこんだ会話を紹介。
ジェリーとWHO職員の会話。

ジェリー「家族はいるか?」
職員「いない。」
ジェリー「じゃあ俺の気持ちなんて分からないはずだろ(怒)」
職員「家族はいた。皆死んだ。」
ジェリー「…すまなかった。」

あんたさっき、いないって言ったじゃん!

私がジェリーだったら謝らないよ。
完全に引っ掛けにきてるもん。ずるい。

スポンサーサイト

The Cabin in the Woods / キャビン

ホラー映画かと思いきや何か別のもの。

The Cabin in the Woods

★Story★

大学生のグループが、バケーションを楽しみに山小屋へ。
美しい森や湖に、はしゃぐ一向だったが、
突然森の中から現われたゾンビに襲撃される。

ところ変わって、研究所のような場所で、
大学生たちを監視する人々。
彼らは何者なのか?大学生たちは生き延びられるか?

★Review★

ネタバレせずに語るのは到底不可能な映画です。
というわけで、ネタバレを気にしない人だけ読んでください。

もしこの映画の予告を見て、「ただのホラーじゃん」と思った方、
そんなこと絶対ないです。
予告は忘れてください。固定観念を捨てて観て欲しい一本です。

--- Spolier Alert!!! ---












これは、ホラー映画へのラブレターですね。
始めの数十分は、普通の展開です。
大学生がはしゃいで、カップルが森でいちゃついて、
ゾンビが出てきてキャー!な、ベッタベタな感じ。

でも所々、研究所で彼らを監視する人々のシーンが挿入されて、
「なんだこれ?」と、興味を刺激されます。
そして観ている内に、この研究所の奴らは何らかの理由で、
犠牲者をある場所に誘導し、飼っている怪物達を解き放ち
殺させることを生業にしている人たちだと気付き始めるのですが、
そんな意味不明な職業があるわけないので、
彼らがなぜそんな事をするのかなんて
当然の如く皆目見当がつかない。
この時点で、この映画の勝ちですよ。
思いっきり引きこまれてるもん。

この研究所の人たちが、どの怪物が解き放たれるか
賭けてるのに笑った。ゾンビだったかーーー!!!!みたいな。

後半に差し掛かったところで、犠牲者の大学生たちも、
監視されていることに気づくわけですが、
ここからが怒涛の展開。

もといた山小屋から、研究所にどうにか侵入し、
真実を知るわけです。
すなわち、


犠牲者たちはいけにえだったという驚愕の事実。


誰へのいけにえなのかは、最後まで濁されたままです。
「世界を滅ぼす何か神のようなもの」としか言及されません。
でも私は、「ホラー映画視聴者たちへのいけにえ」と理解しました。

つまり、世の中にあるホラー映画は、こうやって作られているんですよ!
びっくりでしょ!ということじゃないかと。
映画内で、「全員死なないと神が怒り、世界が滅びる」と説明されますが、
つまりこれは「いい画を撮らないとホラー映画ファンが怒って、
一生懸命作った映画が無かったことにされちゃうよ!!」
ってことでしょう。

ホラー映画好きの目は肥えています。
ちょっとやそっとのスプラッターじゃ満足しない。
そこへ、工夫を凝らし、様々な怪物を使い、
実際に犠牲者を出しつつ、面白いホラー映画を作り、
映画ファンに捧げているわけですよ!
さっき「意味不明な職業」とか言ってすみません!
ものすごい大事な仕事ですね!!!!!




さてさて、物語に話を戻しますと、
真実を知った大学生たちは、殺されてたまるか!と
研究所内のモンスター達をぜーんぶ解放してしまいます。
そして研究所内は地獄絵図に。
ここ、かなりグロいですが、怪物達の閉じ込められている
ドアが「チーン!」という音とともに空いた瞬間、
ドバァッとありとあらゆる怪物が出てくるシーンが最高。
たまらないです。楽しすぎる。(←危ない人)
最初にどの怪物が出てくるか賭けてたシーンで、
「半魚人」に賭けてた人が、最後に半魚人に殺されるのも笑えた。

そして、ラスボスがあの人です。
エイリアン相手に奮闘してたあの人。

というわけで、ホラー映画へのオマージュも満載のこの映画。
ホラー映画好きにはたまらない一本です。

★What I learned from this movie★

先入観、ダメ。絶対。

Descent/ディセント

放置してたけど時間ができたので再開。

Descent

★Story★

探検や冒険が趣味のサラは、ある日友人たちとの川下りの帰り道に、
凄惨な事故で夫と娘を失ってしまう。
それから一年後、サラの友人たちはサラを励まそうと、
久しぶりの探検を企画し、とある洞窟へと向かう。

始めは順調に進んだ洞窟探検だったが、
突然天井が崩壊し、閉じ込められてしまうサラ達。
出口を探して歩き回るが、洞窟に潜む得体の知れない生き物に襲われ、
一人、また一人と餌食になっていく…。

★Review★

ホラー系のブログやウェブサイトを見ていると、
必ずや遭遇する一本だったので、前から観てみたかったこの映画。

一言で言うと、「女は強し、地底人は弱し」です。

とにかく、この洞窟にいる地底人(?)が、弱い。弱すぎる。
普通に殴ったり、蹴ったり、刺したりで対処できます。
確かに、動きは速いし気味が悪いんですけど、怖いか?と言われると…う~ん。
もうちょっと、「やべーこいつら死なないよ!」みたいな
演出があると緊迫感が出るんですけどね。
ビジュアル的にも、『ロード・オブ・ザ・リング』に出てくる
ゴラムにそっくりで、既視感がある。
致命的に、怖くないんですよね。

よく、ホラーを見ていて「怖くない」って感想を言うと、
「そうやって映画で見てるから怖くないんであって、
実際暗闇の中、こいつらに遭遇したら普通に怖がるくせに」
って反論してくる人がいるんですけど、
それは違いますよ。

そんなの、怖いに決まってるじゃないですか。
でも、実際にそこにいなくても、怖がらせるってのが、
ホラー映画の役割でしょ。
それができてないから、「怖くないからダメ」って感想になるわけで、
実際にそういう状況に陥った時に私が怖がるかどうか、
というのはまた別の話です。

だから、私はホラー映画大好きでも、お化け屋敷は普通に怖いですよ。
当たり前じゃないですか。
一目散に逃げますよ。



話がずれましたが、つまりこの映画の致命的な欠点は
モンスターが怖くないことだと言いたいのです。
それ以外はよく出来てる。洞窟というアイデアもいいし、
仲間同士のいざこざや、グロ度も満点。

ただただ…地底人が…残念。
設定も微妙だし。
暗闇に生きてるから目が見えない、というのは分かるとしても、
踏んづけたり、触ったりしているのに
気付かないおっちょこちょいぶり。
目が見えないから聴覚が発達しているのかと思いきや、
遠くの叫び声は聞こえても、目の前にいる人間の呼吸音は聞き取れない。
彼らの生態がよく分からない。割とマジで。

終いには、見ていて地底人に同情してきてしまう始末。

だって考えてみれば、彼らは洞窟でひっそり暮らしてただけですよ。
別に人間の世界に出てきて悪さするわけでもなく、
森で動物を狩って食べて生き延びてきただけ。
それがキャピキャピの女6人が突然やってきて、
登山道具で虐殺されるんだから。
可哀想以外の何物でもない。

怖がるどころか、地底人を応援したくなる、そんな映画です。
どうやら続編もあるらしいですが、たぶん観ない。

★What I learned from this movie★

洞窟の中は走ってはいけません。

Dawn of the Dead

元祖『ゾンビ』のリメイク版。

Dawn of the Dead


★Story★

看護師のアナは、ある日勤務から戻り、いつものように眠りにつく。
次の朝目覚めると、寝室に近所の子どもヴィヴィアンが立っていた。
ひどい怪我を負っている彼女に、アナの夫が駆け寄ると、
急にヴィヴィアンが彼の喉元を食い千切る。
あまりのことにパニックになるアナ。
電話で助けを呼ぼうにも、電話は混線状態で繋がらない。
そのうち死んだはずの夫も起き上がり、アナに襲いかかる。

命からがら逃げ出したアナが目にしたものは、
人が人を襲うという混沌の世界であった。
とりあえず車に乗り込み、途中で出会った生存者たちと
ショッピングモールを目指すことに。

そこでアナは知る。
人間を凶暴化させるウイルスが蔓延していること、
噛まれたり引っかかれたりするだけで感染してしまうこと。
助けが来る見込みは無いこと…。

それでも何とか生き延びようとする、アナと生存者たち。
果たして、彼らに安息の地はあるのか?

★Review★

ゾンビ映画というジャンルを確立した、ジョージ・A・ロメロの
『ゾンビ』のリメイクということですが、
なぜオリジナル版のレビューの前にこっちが先なのかと言いますと、
観たのが前すぎて細部まで覚えてないからです(汗)
もう一回借りてきて観ないとかな。

で、こっちのリメイク版ですが、たぶんゾンビ映画好きの中では
好き嫌い分かれると思われます。


なんせゾンビが走る!走る!


死ぬ前より体力が増すって何だか腑に落ちませんが、
私は嫌いじゃないっす。
だって普通に考えて、怖いじゃん。
ゆっくりなゾンビだって怖いのに、全力疾走ですからね。
走るのに自信がない私は即座に捕まること必至です。

ゾンビが走るなんて邪道!という声も聞くし、
腐っていくから走れるわけがない!という意見もちらほら。
それも分かる気がするけど、
そもそも「死人が人を襲う」っていう設定自体あり得ないんだから、
別にそこにリアリティ求めなくてもいいんじゃ?
個人的には、緊張感ハンパ無くていいと思う。
もちろん、『バイオハザード』シリーズみたいに
歩くやつも好きだけどね。

この映画は、ショッピングモールについてからが面白い。
というか、そこが大半だけど(^^;)
ゾンビ映画=ショッピングモールっていうイメージは
この映画のせいでしょう。
私も、こういう状況になったらモールに行くと思う。
食べ物はあるし、着替えも、武器になりそうなものもあるし。
Costcoとか良さそう。

アメリカだったら銃なんかも簡単に手に入るけど、
日本でゾンビが大量発生したら、絶対戦えないな。
私の所有物で一番武器になりそうなのは、野球のバットくらいか。
勝てそうな気がしない…。



まぁそれはいいとして、映画の話。
こういう「世界の終末系」映画って、残された人の葛藤とか、
どういう行動をとるかっていうのが興味深い。
緊急事態になったときに、人間本性が出るっていうか。
戦う人、諦める人、リーダーになる人、パニックになる人、
独裁政治を始める人、自分だけ助かろうという人…
自分だったら?と考えるけど、結局答えは出ない。

そりゃ映画の主人公みたいに、皆を助けて戦いたいっていう
ヒーロー願望はあるけど、正直自信ない。
だって命の危険に脅かされたことなんてないから。
もしかしたら、ものすごい腰抜けになるかもしれないし、
なんとかして自分だけ助かろうとしちゃうかも。
いやでも、家族や友達を見捨てるようなヤツにはなりたくないし…。




とまぁそんなことを考えて、ゾンビ映画を観たり、
ゾンビゲームをやったりして、こういう事態に備えているわけです。
とりあえずゾンビが発生したらまず安全確保、次に食糧、武器、だな。
皆さんも一番近い大型スーパーや、隠れ家となりそうな場所を
チェックしておいたほうがいいかも。

★What I learned from this movie★

逃げ込むならショッピングモール。

Paranormal Activity 2

地味な嫌がらせは続く。

220px-Paranormal_Activity_2_Poster.jpg


★Story★

クリスティとダニエルの夫婦は、
産まれたばかりの男の子ハンターを連れて病院から戻る。
出迎えるのは、ダニエルの前妻の子アリと、
クリスティの姉ケイティ。
新しい家族と、幸せな生活をスタートさせるが、
その幸せも長くは続かなかった。

ある日、出先から戻ると部屋が荒らされていた。
盗られたものは何もなかったが、念のため家じゅうに
監視カメラを設置することに。
このカメラが、一家を襲う不穏な影を捉えることになる。

★Review★

前作『Paranormal Activity』の前日談にあたる本作。
今回は、前作で主人公だったケイティの妹、クリスティ一家がターゲット。
なぜこの二人がこんな目にあうのか、ちょびっと明かされたりもする。

相変わらず、悪魔さんによる地味な嫌がらせは健在。
鍋落とす→クリスティが戻す→また落とす、
プールの掃除機を外に出す→旦那戻す→また出す、というような
おまえは小学生男児か?と言いたくなるようなものから、
誰かが外に出た瞬間ドアを閉め鍵をかけちゃう、といった
やられると結構腹立つものまで盛りだくさん。

そして前作同様、大きな音出せばびっくりするだろ、という
製作側の意図が見え見えな演出も変わらず。
なんかねー…せっかくカメラが複数に増えたんだから、
もっと出来ることあったんじゃないの?
むしろ、カメラが増えたことがマイナスに働いてしまった感じ。
肝心な所でカメラが切り替わるから、
観たい場面が観れないんだよね。

例えばあるカメラが、赤ちゃんがベビーベッドから浮いて、
柵を越えていきそうになる場面を映す。
観てるほうは、「えっ、どうなるの?そっから落ちたら危ないんじゃ?
もしかしてこのまま連れ去られちゃうの?」とハラハラする。
で、カメラが切り替わると、何とそこには、


床を元気よく歩き回る赤ちゃんの姿が!


正直、えっ?となりましたよ。
もしかして、何かカットしたの?と思うくらい不自然な繋がり方。
他にも、カメラが切り替わったことで、
イライラする場面が何か所かあった。
せっかく増えたカメラ、もっと上手く活かせなかったのかなぁ。






文句ばっかり言って何も提案しないのもアレなんで、
自分だったらどうするかちょっと考えてみた。

例えば、あるカメラが部屋を映す。
何もない。
他の部屋のカメラに切り替わる。
何もない。
そして最初のカメラに戻ると、そこには…!

みたいのとか?

あと、あるカメラには何も変わったものは映ってないけど、
同じ場所を映してる別の視点のカメラには何かが映ってたりしても
面白いかも?怖くはないだろうけど。

だめだ、あまり想像力がないのでこれが限界みたいですm(_ _)m


とにかく私が言いたかったのは、
大きな音で驚かせるのと、カメラ切り替えで場面を無意味に繋ぐこと以外に
他に何か出来なかったのか、ということです。
前作と全く同じ構成、同じ怖がらせ方、同じ結末。
2を作る意味あったのかな。






とまぁ、酷評した後で何ですけど、
ポップコーン片手に楽しむデートムービーとしては
いいんじゃないんでしょうか。
この手の映画にあまり突っ込むのも野暮なのかなとも思ったり。

★What I learned from this movie★

悪魔の得意技はカメラに向かって人を投げることらしい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。